双子の息子をどう育てるか

スポンサーリンク
ののこ友達

前回のブログに書いた私のマンション事情。
日本に移住して初めて住んだところはなかなかオモローだったという話。

ののことゆかいな仲間たちが住むマンション
ビザもない、仕事も内定だけの主人ヨーダと東京での家探しはなかなか大変で、でもやっとこさ見つけた家は大当たりでした。そして私のマンションに住む人たちもなかなか個性豊か。そんなお話です。

今日はその続きです。

チワワ連れた関西人おばちゃまよっちゃんの話をしたいと思います。

よっちゃんとの出会い?

私が東京生活を始めて2年目。いつものように双子の息子ハンとソロを保育園に迎えに行き、自転車をとめていたところ、チワワを連れたおばちゃまが

こんにちはぁー!

と、関西イントネーションで挨拶をしてくれました。

 

ののこ
ののこ

え。関西人!?

すぐさま「関西の人ですか?」と聞きました。

 

この「関西人ですか」と聞くことは、結構東京に来てやっていることで、関西イントネーションが少しでもあったら親近感UP。そしてこの質問のおかげで一気に距離感が縮まることもあります。
チワワを連れたおばちゃまは、一瞬びっくりしたような顔をしたものの、こう返事しました。

そうです。大阪ですぅ~

それが私と、よっちゃんとの出会いです。

よっちゃんとの共通点

そんなチワワを連れたおばちゃま、息子のハンとソロを見てすぐ「双子ちゃん?」と反応。聞くとおばちゃまの息子も双子とのこと。そこで盛り上がる双子息子話。

おばちゃま(のちに名前を聞いてよっちゃんと判明)自身も双子で、双子のあるある話、ためになる双子育児法を教えてくれました。

ののこ
ののこ

初対面なのに話が進む進む…これが関西テンポ!

よっちゃんの双子の息子たち

そんなよっちゃん。コロナを機に息子さんたちが東京に呼び寄せ、大阪から移住。現在は双子の息子さんと同居しています。

なんて優しい双子の息子たち!!

その後、双子の息子たちスーズー君たちに会えるんですがまさに私の理想と言える双子。

チワワのチーちゃんよっちゃんスーズーと仲良く散歩してる姿を見たときは感動しました。こんな大きくなっても母親と犬の散歩に行ってくれるの?!なんて理想的な姿…

どうやって育てたらこんな母親思いに育つんだろうと思っていました。

ヨーダ
ヨーダ

ののちゃんはハンとソロに結婚してほしくないってまで言ってるしね

ののこ
ののこ

高校生になっても苺ビュッフェに行ってくれると言ったことだけでも母は満足よ…

そう、その苺ビュッフェの帰り道にも、仲良く歩くスーズー双子を見かけて感動したんですが、この双子、本当に仲がいい。

よっちゃんからの双子育児アドバイス

これは初めてよっちゃんに会ってすぐ言われた言葉。

絶対に二人を比べたらあかんで、同じように褒めるんやで、同じように叱るんやで、片一方だけ叱ったり褒めたらあかんで。
よっちゃん自身も双子なんですが、妹さんとは仲が悪いそうでその理由が親に小さい時比べられたからだそうです。
あのこはできるのに、なんであんたはできひんの?
今でも仲たがいするほど、子供の頃、親に比べられて傷ついたなんて悲しすぎます。
私もうっかり言ってしまってたかもしれない比べる言葉。「ハンは食べ終わったのにソロはまだ食べてるの~」とか、言葉の内容より比較されることに子供は深く傷つくんですよね。反省しました。
それからはよっちゃんの言う通り、比べることはせず、片一方叱ったり褒めたら、もう片一方も叱る、褒めるようにしています。やはり実際に自分も双子だった人の言葉は深いですよね。

まとめ

東京の生活に慣れつつあったある日、自転車置き場でのよっちゃんとの出会いから、私のマンション生活がぐっと楽しくなりました。

チワワのチーちゃんもハンとソロになついてくれ、とてもかわいい。怒りもせず触らせてくれる太っ腹チーちゃんです。

そして何と言っても、よっちゃんが東京でできた大阪人の友達第一号。大阪あるある話や、大阪人から見た東京カルチャーショック話でいつも盛り上がります。

ヨーダ
ヨーダ

よっちゃんに会って話した時の、ののちゃんテンション高いもんね

やはり大阪人同士、話のテンポが合う。
個人情報がどんどん出てくる。双子の息子スーズーたちの職業や、東京に移住した理由など、私も主人が外国人で、親はもう他界して大阪には帰らない、韓国での嫁姑話とか「え、そこまで話す?」レベルの話をしちゃってます。

「こないだ車通らんし誰もおらんと思って赤信号で渡ったら、じいさんに信号守りなさいって叱られました~」

なんて関東人が聞いたら引きそうな話も、

「あはは!あそこの信号やろ?うちも守らん!守らん!」

なんて笑いあったり。←守りましょう

そういう関西人ならでは、いや大阪人ならではの返しがいいんですよね。

キャビア
キャビア

ほんと大阪人って大阪出身ってこと誇りに思ってるよね

そう、私は大阪人やー!ってことを誇らしく思っています。なので大阪人友達が同じマンションにできたことがすごくうれしい出来事でした。

また仲良しスーズー双子についても書きたいと思います。

ののちゃん、コロナ終わったらお茶でもしようね!

いつも話すのは自転車置き場か偶然会った道か公園で立ち話。いつかゆっくりドーナツ片手にお茶したいな。

ののこ友達ののこ子育て
スポンサーリンク
ののこをフォローする
ののこ

「ののこ」は「NO」と言える人生をモットーに!から「NO(の)!NO(の)!こ」と付けました。
桜の季節に公園でオカリナを吹きたいと思い、オカリナを購入し、その記録としてブログを始めました。
オカリナだけでなく外国人主人、ハーフの双子の息子、猫も含めた家族のことや、日本語教師の仕事のことなどちょっとした日常生活を紹介するブログです。

ののこをフォローする
ののこブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました