病院

スポンサーリンク
病院

3人目を考えてみた⑭3度目の正直

1月からスタートしてあっという間に終わった私の妊活。42歳だから先生も早いんです。あれして、これしての指示にひたすら従ってたら、3回目の移植も終わってしまいました。
病院

3人目を考えてみた⑬移植日決定

あっという間に終わる私の妊活。今年始まってすぐ決めた3人目挑戦も、最後の卵になってしまいました。これで終わると思うと、何だかこれでよかったのかな、もっとできたんじゃないかなと思ってしまいます。でも最初から気持ちは「できたらいいよね、やってみっか」のゆるゆる妊活だったわけで…
病院

3人目を考えてみた⑫絶望的な3回目

42歳・・・やっぱ遅かったな。何度も悔やんでるけどあと3年早ければ結果は変わっていたかもしれない。でも仕方ない、今やるっきゃないのだ。どうして2回も移植してあかんかったんやー?と先生にズバリ聞いてみました。
病院

3人目を考えてみた⑪結果

3回チャンスがあるうちの2回目。なーんも薬も飲まず、膣剤も入れなかったら結果はどうなるんだろうと若干不安、でもできなくてもそれも運命。うん、どうにかなると思っていました。
病院

3人目を考えてみた⑩2度目の移植

少し間も空いたし、その間まったく触れてなかったのですが、ちゃんと続けていましたよ。あおして先日、二回目の移植をしてきました。どんどん胚のグレードは下がってしまい、妊娠率も下がりますがやるっきゃない!人生、1度切りなんだもん、迷ったらやっちゃえ!だよ。
病院

3人目を考えてみた⑩結果

42歳にして体外受精をしようと決意し、排卵から移植と順調に進んでいました。さぁ、残るは検査や!これでハッキリするんや!と自分で買った検査薬で検査してみたところ・・・
病院

3人目を考えてみた⑨サクッと移植

42歳が最後のチャンスで体外受精の支援金(保険適応になるの)がもらえるのは42歳までです。それも3回まで。これは逃したくない!と不妊治療を受けることにしましたが、移植までシールを貼ったり、膣剤を入れたり、とにかく大変だった
病院

42歳、採卵したらこうなった

採卵しました。めっちゃ痛くてもう二度としたくないと思ったほどで、採卵さえ終わってしまえばちょちょっと受精卵ちゃんんを移植して終わりっ!と軽く思ってたんですよ。でもね、採卵が終わったら次回は内膜を厚くするためにお腹にシールを貼ったり、膣剤を一日三回も自分でいれます。自分でです、その副作用か常にお腹が痛いんです。つ、つ、つらいよぉ
病院

3人目を考えてみた⑦採卵

やっぱり私は42歳だった。もう最後のチャンスだと思って挑戦したけど、若い人には大声で言うよ、「さっさと治療を受けてーーー」早ければ早いほどチャンスは訪れる。今回、採卵のために注射を打っていたのに、結果はたったの4つ。もうこんな年齢だし仕方ないと思いつつも、なんでもっと早く始めなかったのか後悔しました。
病院

3人目を考えてみた⑥高額な請求

不妊治療をすることに決め、次のステップは採卵です。そのために自己注射に入りました。その時の請求額、2万円。自己注射は追加でするかもなので、そうなると注射だけで4万円です。そのあと採卵もあるし、凍結、移植、とお金がどんどん飛んでいきます。
スポンサーリンク